トップへ

みんなの会計士>税理士と会計士の違い
税理士と会計士の違い

皆さまは、税理士会計士(公認会計士)の違いを、ご存知でしょうか?
両者の違いは一見判りにくいため、税理士と会計士が同じ士業だと思われていることも、少なくありません。
そこで簡単ではありますが、税理士と会計士の違いについてご説明させていただこうと思います。

税理士は、税金に関する相談や税務書類の作成・手続代行、資金計画や新規事業開始時の経営面でのアドバイスなど、税務と会計を専門とした業務を行っています。

一方の会計士業は、会計士だけに許可された監査業務(第三者の立場から企業の財務諸表が適正かチェックをする)を行うことができます。
大体の先生方が監査法人や会計事務所などに所属し、主に大企業の内部統制や、デューディリジェンス(投資などの取引の際に行う調査活動)などの実務経験を重ねた後に、税理士資格を取得(公認会計士は試験免除)して独立する場合が大半になっています。
税理士と会計士の違い
通常の税務処理や経営アドバイスなどをご要望の場合は、税理士・会計士どちらの先生も皆さまのニーズにお応えできるので、特に気にする必要はないと思います。
上場を考えている、内部統制をお願いしたいなどのご要望がある時は、経験豊富な方が多い会計士の先生をお勧めする場合もあります。

どちらも複雑で専門性の高い資格というのもありますが、公認会計士として独立して、税理士業を主とした業務を行っている先生方も多いことが、税理士と会計士の違いが判りにくくなった理由のひとつかもしれません。

税理士は「税務」「会計
会計士は「税務」「会計」と「監査
ができる専門家と思っていただけたら、両者の違いが少しイメージしやすくなると思います。

専門家をお探しの方へ

税制や節税に関して疑問のある方。会社設立などでアドバイスが欲しい方。会計事務所のサービス内容を比較検討したい方や、会計士の先生にお会いして直接話してみたい方など、税金に関する事で何かございましたら、ぜひ一度ご連絡ください。

ヒアリング

お客様のご要望をお伺いします。 疑問・質問などもございましたらお気軽にお問い合わせください。

面会

コーディネーターがお客様に適した先生をお探しします。 ぴったりの先生が見つかりましたら、都合の良い時間を調整いたします。

確認

ご都合の良い日時・場所で、お客様と先生のご面会を行います。
相性などもしっかりとご判断いただけます。

ご契約

相性条件にご満足していただけましたらご契約となります。ご紹介後も、お気軽にご相談ください。
会計士選びのポイントなど、豊富な情報満載。
ニーズに合わせて
会計事務所をご案内。
コーディネーターが
親切丁寧にサポート。
数多くの紹介実績。会計士紹介実績NO,1
もちろん無料で
ご紹介致します!
電話番号